文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ホーム > くらし・環境 > ごみ > ごみに関する情報 > 守山市の年間ごみ量と処理費用(令和2年度分)

  • ライフシーンから探す
  • 組織から探す

ここから本文です。

守山市の年間ごみ量と処理費用(令和2年度分)

公開日:令和4年1月20日

令和2年度の守山市の総ごみ量(資源物含む)は、23,869トン(対前年度比1.7%減)でした

令和2年度の総ごみ量は、令和元年度と比べ、411トン減少(1.7%減)しました。市民の皆様のご理解とご協力に感謝いたします。

8万市民一人ひとりの心がけが、ごみの減量につながる大きな力となりますので、生ごみの水切りや雑がみ(メモ用紙や紙箱など)の分別など、日々の少しの心がけを引き続きよろしくお願いします。

 

 

令和2年度

令和元年度

前年度比

 焼却ごみ

13,059t 

13,409t

350t減

 破砕ごみ

5,191t

5,097t

94t増

 粗大ごみ

302t

238t

64t増

 資源物

 5,298t

5,519t

221t減

 その他ごみ※

 19t

17t

2t増

 合計

23,869t 

24,280t

411t減

 

平成28年度より分別を開始した、「使い捨てライター」、「カセットボンベ・スプレー缶」および平成28年度より設置した小型家電回収ボックスに投入された「使用済み小型家電」を『その他ごみ』としております。

 

  令和2年度 令和元年度 前年度比
1日の1人当たりごみ量

773g

791g

18g減

 

令和2年度のごみ処理費用は、総額で約67.8億円かかっています!

令和2年度にごみ処理にかかった費用は、総額で約67.8億円でした。年間で1人あたり80,165円かかっている計算になります。令和2年度のごみ処理にかかる費用は新環境センターの建設工事が本格的に開始されたため、施設整備費が大きく増加しました。今後におきましても、ごみの減量化にご協力をお願いいたします。

 

(施設整備費除く)

 

令和2年度

令和元年度

前年度比

 焼却ごみ

591,286千円

537,424千円

53,862千円増

 破砕ごみ(粗大ごみ含む)     

358,559千円

332,473千円

26,086千円増

 資源物

295,938千円

268,747千円

27,191千円増

 その他ごみ

15,507千円

15,391千円

116千円増

  合計

1,261,290千円

1,154,035千円

107,255千円増

 

(施設整備費分)

 

令和2年度       

令和元年度

前年度比

      合計  

5,517,937千円    

70,166千円

5,447,771千円増

 

  (費用合計)  

 

令和2年度       

令和元年度

前年度比

      合計    

6,779,226千円    

1,224,201千円

5,555,025千円増

 

 

令和2年度

令和元年度 前年度比

1人あたり処理費用(円)

80,165円

14,600円

65,565円増

1世帯あたり処理費用(円)

201,817円

37,179円

164,638円増

お問い合わせ

守山市環境生活部ごみ減量推進課

〒524-0216 守山市環境学習都市宣言記念公園1番地1

電話番号:077-584-4692 ファクス:077-584-4818

gomigenryo@city.moriyama.lg.jp