文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ここから本文です。

市長の活動記録(平成29年11月)

公開日:平成29年12月27日

 

日本道路会議

平成29年11月1日(水曜日)

都市センターホテルにて開催された第32回日本道路会議にパネリストとして出席しました。

自転車活用推進法を受けた取り組みとして、屋井東京工業大学副学長の基調講演に引き続き、自転車活を活用した観光地域づくりを推進するため、官民連携によるサイクリング環境の向上等、取り組むべき施策の方向性について、守山市の取り組みを紹介する中、議論を交わしました。

道路会議

 

平成29年度守山市市政功労表彰式典

平成29年11月3日(金曜日・祝日)

守山市民ホールにおいて守山市市政功労表彰式典を開催しました。

式典では、「本日、自治功労表彰としてそのご功績を称え表彰をさせていただきます方々は、農業委員会委員、学校医、消防団員、民生委員・児童委員、行政事務嘱託員の公職に、それぞれ永年にわたり携わっていただき、市政の各般にご尽力賜わり多大のご貢献をいただいた方々であり、社会功労表彰を受賞されます皆さまは、教育、文化・スポーツ、スポーツの振興、公共の福祉の向上に多大のご貢献をいただいた方々であります。皆さま方には、常に市政の発展のために率先垂範、献身的な活動を続けていただき、本市のまちづくりに多大なご貢献を賜りました。そのご功績に対しまして、深く感謝と敬意を表する次第でございます。」と挨拶し、自治功労表彰として16名の方と社会功労表彰・スポーツ7名の方と一団体を表彰させていただきました。

平成29年度守山市政功労表彰式典

 

 

平成29年度守山市環境学習都市宣言制定記念式典

平成29年11月3日(金曜日・祝日)

守山市市政功労表彰式典に引き続き、「守山市環境学習都市宣言」を制定する記念式典を開催しました。

この「守山市環境学習都市宣言」は、平成29年4月18日に守山市自治連合会が「新しい環境施設の整備における私たちの決意」を表明されたことを契機に、ごみ・水環境問題市民会議の皆様により、度重なる熱心な議論をいただき、また、市内中学生や高校生の若い世代の意見をお伺いする中で、市民会議の会長より宣言文案を提案いただいたものです。

開会にあたり、「市民の皆様が今日までの取り組みで守り育ててこられた、守山らしさ溢れる環境を列挙するとともに、この素晴らしい環境を次世代に引き継ぐ決意を記しております。まさしく市民の意識・力を活かした取り組みを反映するとともに、今後の方向性を明確に指し示す宣言文でございます。今後、この宣言文が市民の皆様に親しまれ、末永く愛される宣言文になるよう、各種行事において唱和するなど、広く周知するよう努めてまいります。また、この宣言を通じて、市民の皆様が環境センターにおける環境学習はもちろんのこと、琵琶湖や地球環境、身近な自然などについて理解を深め、ともに学び、考え、行動することにより、この素晴らしい守山の環境を未来へ継承するとともに、環境に関心を持つ子どもたちが育ち続ける街となるよう、共に取り組んでまいりたいと考えております」と挨拶しました。

環境学習都市宣言

 

 

守山市湖岸清掃運動

平成29年11月11日(土曜日)

清掃運動の開始にあたり守山漁港において「滋賀県の象徴とも言える琵琶湖でございますが、淡水赤潮の発生から40年が経過し、せっけん運動を契機とした県民全体での琵琶湖の保全活動が実を結び、水質については一定の改善傾向が見られますが、今年は水温の上昇による産卵期の遅れに伴ってアユ、フナ等の在来魚の漁獲不足が続いている状況であり、また特定外来生物オオバナミズキンバイについては、県においては大規模な機械刈りの実施、地域住民の皆さまや様々な環境団体の協力を得ながら手作業による駆除など取り組んでいただいていますが、琵琶湖にいまだ群落の再生が確認されている状況でございます。本日の清掃により、琵琶湖の美しい景観が保全されるとともに、この取り組みにより、一人でも多くの方に琵琶湖に関心を持っていただき、環境保全に向けた活動が広がることをご期待申し上げます」と挨拶しました。

その後、先月の台風21号、22号で大雨と強風が続き、ゴミや流木の漂着しやすい環境になっていた湖岸の清掃を、参加された皆様とともに行いました。

守山市湖岸清掃運動

 

 

 

第7回下之郷遺跡まつり

平成29年11月12日(日曜日)

下之郷史跡公園で行われた下之郷遺跡まつりに出席しました。

開会式において「ご参加の皆様方には、今日は2200年前の弥生人になりきっていただき、まつりを存分にお楽しみいただくと同時に弥生人の目から今のわたしたちの生活ぶりを見つめ直し、何か、住みやすさ日本一のまちづくりのアイデアやヒントを発見していただくことをお願いいたします」と挨拶しました。

会場では、古代の食やヨシ細工、機織りなどの体験コーナーなどがあり、模擬店や農作物即売会も賑わっていました。

第7回下之郷遺跡まつり

 

 

野洲川下流土地改良区合併10周年記念式典

平成29年11月17日(金曜日)

式典では、野洲川下流土地改良区の合併以前の経緯を振り返りながら、「野洲川改修事業に伴う廃川のため、用水源の転換が必要になり、新しい用水系統の確立などを目的に組織された野洲川下流土地改良区と、野洲川改修事業に伴う新川のため、用地を提供いただいた方々への失地回復を目的に、廃川敷地を農地として造成するため組織された野洲川地区土地改良区は、共に野洲川改修事業を推進するにあたり、大きく貢献された土地改良区であると、改めて認識いたしております。こうした中、各々が管理する農地や土地改良施設の維持管理等についての課題を総合的に解消するため、土地改良区の統合が実施されました。この結果、当時の野洲町土地改良区および中主土地改良区を含む統合合併が成立し、現在の野洲川下流土地改良区として運営されております。このことは、ひとえに歴代の役員をはじめ、組合員、関係者の皆様のご尽力の賜物であり、改めて敬意と感謝を表す次第でございます。記念すべき合併10周年を契機に、野洲川下流土地改良区のより一層のご発展と組合員の皆様の益々のご活躍を祈念申し上げます」と挨拶しました。

野洲川下流土地改良区合併10周年記念式典

 

 

 

お問い合わせ

守山市総合政策部秘書広報室

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1113(秘書係)/077-582-1164(広報・広聴係) ファクス:077-583-5066

hisho@city.moriyama.lg.jp