文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ここから本文です。

市長の活動記録(平成30年12月)

公開日:平成31年1月15日

 

守山野洲交通安全表彰式

平成30年12月1日(土曜日)

 守山野洲交通安全表彰式に出席しました。表彰式では、日頃から交通安全啓発や交通事故防止対策に取り組まれている方々が表彰されました。受賞された皆さまに心から敬意を表すると共に、引き続きのお力添えをお願いしました。

1201交通安全表彰式

 

平成30年度 すこやかまちづくりフォーラム 在宅医療・在宅看取り講演会

平成30年12月1日(土曜日)

 すこやかまちづくりフォーラムに出席しました。在宅での看取りに取り組まれている小笠原文雄先生に「なんとめでたいご臨終」と題してご講演をいただきました。

 小笠原先生は、小笠原内科・岐阜在宅ケアクリニック院長、日本在宅ホスピス協会会長、名古屋大学医学部特任准教授としてご活躍されており、在宅医療・在宅看取りについて独自の取り組みを実践されています。講演では豊富な実例が紹介されました。

 

四季桜のつどい

平成30年12月8日(土曜日)

 四季桜のつどいに参加しました。植樹は平成17年に始まり、平成29年までに100本を超える四季桜が植樹されました。

 四季桜は春と秋の年二回、ピンク色の花を咲かせ、道行く人々の目を楽しませてくれます。

 当日は散策をしながら植樹の経緯等について説明を受けました。

1208四季桜のつどい 

 

発達障害を知ろう講演会

平成30年12月8日(土曜日)

 発達障害を知ろう講演会に出席しました。「発達凸凹(でこぼこ)のある人の思春期を考える」をテーマに滋賀医科大学特任教授の竹内義博先生、滋賀医科大学特任教授の坂上由子先生、済生会守山市民病院の小児科医長、上羽智子先生にお越しいただき、思春期の発達障害の特徴等について事例を交えながらご講演いただきました。

 この講演会が発達障害を理解するための一助になったものと感じています。

 

「農育みらいプロジェクト」報告会

平成30年12月8日(土曜日)

 「農育みらいプロジェクト」の報告会に出席しました。「農育みらいプロジェクト」は平成27年2月に「“農育”の実体験から始まる就農ビジネスへの展開」として、農事組合法人開発営農組合とおうみ冨士農業協同組合が、一般財団法人農林水産業みらい基金の採択を受け、3カ年の事業に取り組んだものです。

 報告会では、100人田植えや100人稲刈り等、様々な取り組みが紹介されました。

1208農育みらいプロジェクト 

 

ほたるのまち守山ハーフマラソン

平成30年12月9日(日曜日)

 ほたるのまち守山ハーフマラソンが開催され、遠くは関東、中国、四国地方からの参加者を含む1,600名を超えるマラソン愛好家が守山の地を駆け抜けました。

 当日は風が強く、寒い日となりましたが、私もランナーとして参加しました。

1209守山ハーフマラソン

 

中洲ふれあいの灯点灯式

平成30年12月9日(日曜日)

 中洲ふれあいの灯の点灯式に出席しました。昭和29年の植樹時にわずか20センチの苗木であったメタセコイヤが、28メートルもの大樹に成長しました。そしてこの大樹は、中洲学区民の皆さまの願いがこもった862個(中洲学区の全世帯数)の電球と共に冬の夜空にそそり立っています。

 このふれあいの灯を見るにつけ、伝統文化の継承を含む活発な自治会活動が「絆」づくりに繋がっていることを実感すると共に、中洲学区の活性化を願うひと時となりました。

 

 

「もりやまいち」

平成30年12月23日(日曜日)

 「もりやまいち」に出席しました。この「もりやまいち」の起源は、室町時代の応永25年、今から約600年前まで遡り、活況を呈していたと伝えられています。

 当日は、『平成最後のもりやま「あきない」いち』というテーマで様々な催しがあり、多くの来場者で賑わいました。

 

 

守山市消防団年末夜警

平成30年12月24日(日曜日)

 年末夜警出動式に出席しました。その後、各分団を激励のため訪問しました。年末の慌ただしい時期を迎え、消防団員の士気の高揚を図り、防火意識の高揚と各種災害の防止に万全を期すことを目的としてします。

1224年末夜警

 

お問い合わせ

守山市総合政策部秘書広報室

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1113(秘書係)/077-582-1164(広報・広聴係) ファクス:077-583-5066

hisho@city.moriyama.lg.jp