文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ここから本文です。

令和1年12月のまちの活動記録

公開日:令和元年12月18日


写真展 東日本大震災の記憶in市立図書館

被災地に思いをはせる来場者の写真

開催日:令和元年12月8日(日曜日)

「東日本大震災の記憶~「3.11」のこれまでとこれから」と題した写真展が開かれました(令和元年11月30日~12月8日)。市民活動グループの「これから行動隊」が主催し、立命館守山中学校・高等学校の有志らが協力して開催しました。神戸大学 震災復興支援・災害科学研究推進室が報道では伝えられなかった被災地や復興の様子などを紹介する巡回展として行われました。

押絵で干支づくりin市民交流センター

干支の押絵をつくる参加者の写真

開催日:令和元年12月1日(日曜日)

毎年師走の恒例となっている「干支の押絵」づくりが市民交流センターで開催されました。2020年の干支は「子」。参加者らは和柄の布に綿をくるんだパーツを一つずつ丁寧に作って組み合わせ、車輪に乗って前進するネズミや打ち出の小づちと戯れるネズミなど、縁起のよる立体感のある色紙とミニ色紙の作品を仕上げていました。

クリスマスツリーを設置in伊勢町西浦公園

クリスマスツリーを設置する地域の子どもたちの写真

開催日:令和元年12月1日(日曜日)

伊勢自治会の友遊クラブ(まちづくり推進員)と子どもたち約20人が、自治会館横の西浦公園にある約8mのクスノキなどに、クリスマスムードを盛り上げるイルミネーションを設置しました。クリスマス前の恒例行事で15年以上続いています。
イルミネーションは毎日夕暮れから午後9時ごろまで点灯。22日のクリスマスパーティーが終わるまでまちの夜を明るく照らします。

中山道探検会in守山会館ほか

一里塚を見学する参加者の写真

開催日:令和元年12月1日(日曜日)

守山一里塚活性協議会が主催して、守山会館を発着点に約10人の参加者が今宿一里塚や土橋、東門院などを見学しながら中山道を約4km探検しました。
探検はクイズラリーの形式で行われ、一里塚ではスタッフの解説から大きなヒントを聞くことができました。参加者らはクイズの答えを探しながら、ポイントを見学して中山道と地元の魅力を再発見していました。

お問い合わせ

守山市総合政策部秘書広報室

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1113(秘書係)/077-582-1164(広報・広聴係) ファクス:077-583-5066

hisho@city.moriyama.lg.jp