文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ホーム > 市長室へようこそ > 施政方針 > 令和2年守山市議会9月定例月会議提案理由(中日追加)

  • ライフシーンから探す
  • 組織から探す

ここから本文です。

令和2年守山市議会9月定例月会議提案理由(中日追加)

公開日:令和2年9月15日

おはようございます。

本日、追加議案を提出させていただきましたところ、早々に上程をいただきまして、厚く御礼を申し上げます。

それでは、ただいま上程いただきました予算案件1件について提案理由をご説明申し上げます。

 

議第77号は、令和2年度守山市一般会計補正予算(第8号)を定めるもので、歳入、歳出それぞれに5,898万2千円を追加し、補正後の予算総額を447億5千249万3千円とするものでございます。

 

その理由についてご説明を申し上げます。

この冬、新型コロナウイルス感染症とインフルエンザとの同時流行が懸念される中、その対策として、国において昨年よりも7%増のインフルエンザワクチンの供給量を準備し、65歳以上の高齢者や子ども、妊婦さん等に優先的にワクチン接種を呼びかける方針が打ち出されました。

また県においても、接種率の向上を目的に、県議会に予防接種に対する補助制度が提案されることを受け、市といたしましても、医師会と連携を図る中、インフルエンザ予防接種をより多くの方々に受けていただけるよう、接種費用の負担軽減を図るべく補正をお願いするものでございます。

対象者は、生後6か月の乳児から中学生までの児童・生徒、妊婦の方、65歳以上の高齢者および60~64歳までの既往症のある方、24,600人余を見込んでおり、高齢者については自己負担金なしの無償に、乳幼児や児童・生徒、妊婦の方に対しては2,000円の助成を行い、特に受験を控え授業時数の減少を避けたい中学3年生には3,000円の助成を行おうとするものでございます。

 

なお、本日議案を提案させていただいたことにつきましては、予てより、守山市としての対策を検討しておりましたものの、ワクチン確保の観点から、他市町にも影響が及び、県域全体で取り組まなければならない課題であると考えておりましたところですが、先日9月8日に滋賀県から、9月の県議会にインフルエンザ予防接種の促進助成を含む新型コロナウイルス感染症対策関連の補正予算案の概要が発表されましたので、本日補正予算の追加提案が行える様、進めたところでございます。ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

以上、今回の補正でお願いさせていただく事業の概要でございます。

何とぞ十分なご審議をいただきまして、しかるべきご賛同を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げ、提案理由とさせていただきます。

ありがとうございました。

お問い合わせ

守山市総合政策部秘書広報室

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1113(秘書係)/077-582-1164(広報・広聴係) ファクス:077-583-5066

hisho@city.moriyama.lg.jp