文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ホーム > 市長室へようこそ > 市民へのメッセージ > 平成29年度 > 平成29年8月市長メッセージ

  • ライフシーンから探す
  • 組織から探す

ここから本文です。

平成29年8月市長メッセージ

公開日:平成30年3月12日

暑い夏の日が続いております。市民の皆さまにおかれましては、熱中症対策を始め、お体をご自愛いただき、この夏をお過ごしいただきますようお願いします。また、子どもたちが、夏休みならではの貴重な体験などを通じて大きく成長する夏となることを願っております。 

7月に九州北部で発生した豪雨災害により、多くの尊い命が失われました。心からお悔やみ申し上げますとともに、被災者の皆さまに対し心よりお見舞い申し上げます。「備えあれば憂いなし」の言葉のとおり、本市においても地震や水害などの災害に対し、自助・共助・公助の連携により、しっかりと備えることが不可欠と考えております。 

守山市としては、義務教育施設の耐震化を昨年完了するとともに、南部市街地の雨水排水対策としての勝部2号・5号雨水幹線を今年の春先に供用開始したところです。 

災害時の相互応援協定については県内全市と、また、県外では登別市、福生市、飯田市、今治市、水俣市と締結しています。また、先般は、ストーマ装具の調達に関する協定を締結したところであり、災害時の食料や飲料を含めた物品の調達に関する協定は100社を超える皆さまと締結しています。 

本市では、災害や避難情報などを「安全・安心メール」でお知らせしています。市民の皆さまにおかれましては、ぜひ登録をお願いいたします。(今号13頁や市ホームぺージのトップページを参照) 

来る8月27 日(日曜日)は、守山市地震災害総合訓練を物部小学校において実施いたします。昨年度に引き続き、地震災害を想定し、避難所の設営を含めて市民参加型の訓練を実施いたします。 

今後、各自治会においても防災訓練が実施されます。市民の皆さまにおかれましては、ぜひ積極的にご参加いただきますとともに、各家庭における備蓄もしっかりと行っていただきますようお願いします。災害時はもちろん平常時から、しっかりと助け合える地域づくりが重要であり、日ごろからのコミュニケーションや交流が不可欠です。この夏には各自治会で夏祭りも開催されます。ぜひ、夏祭りなどを通じて、地域の絆を一層育んでいただけるよう市民の皆さまとともに、安全・安心に暮らせるまち守山を堅持してまいります。 

さて、8月15日(火曜日)には戦後72 年目の終戦の日を迎えます。本市は昭和63年に「平和都市宣言」を行っております。戦争の惨禍を二度と起こしてはならない、また、戦争の記憶を風化させることなく次代に引き継ぐことが必要です。この8月には、恒久平和の実現を願い、守山市遺族会の皆さまとともに、平和事業を実施いたします。市民ホールにおける「平和のよろこび展」(3日~10日)をはじめ、6日には、広島への原爆投下時刻に合わせて平和の広場(市民運動公園内)で「平和を誓うつどい」を行います。皆さまもぜひ、お越しいただき、あらためて平和の大切さを考える機会としていただければと存じます。 

市内では近江妙蓮(近江妙蓮公園)とヒマワリ(第1なぎさ公園)が見ごろを迎えていますので、ぜひ、お出掛けいただければと存じます。

 

 

守山市長 宮本和宏市長のイラスト

 

 

 

お問い合わせ

守山市総合政策部秘書広報室

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1113(秘書係)/077-582-1164(広報・広聴係) ファクス:077-583-5066

hisho@city.moriyama.lg.jp