文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ホーム > 市長室へようこそ > 市民へのメッセージ > 平成29年度 > 平成29年9月市長メッセージ

  • ライフシーンから探す
  • 組織から探す

ここから本文です。

平成29年9月市長メッセージ

公開日:平成30年3月12日

9月に入り、空も秋色をおびてまいりました。 

去る7月30日に開催された第52回滋賀県消防操法訓練大会には、守山市消防団を代表して中洲分団が出場され、小型ポンプ操法の部において、見事4位の素晴らしい成績をおさめられました。日頃から地域の安全安心のために厳しい訓練に取り組まれている中洲分団をはじめ、守山市消防団の皆さまにあらためて心から敬意を表します。 

8月7日には、台風5号が日本列島を襲い、県内でも河川の氾濫により被害が発生したところです。本市では、幸いにも被害はありませんでした。これも、昭和28年の大洪水をきっかけに先人・地域の皆さまが御尽力され、昭和54年に暫定通水した野洲川大改修のおかげとあらためて感謝したところです。また、今回、平成25年9月の台風18号を踏まえ、整備に着手し、今年春に供用を開始した地下河川の雨水幹線勝部2号・5号がしっかり機能したところです。 

さて、9月は防災月間です。去る8月27日には、守山市地震災害総合訓練を守山学区を対象として物部小学校において実施いたしました。日本列島でいつどこで地震や水害が起きかねない状況の中で、「備えあれば憂いなし」の言葉のとおり、市民の皆さまとともに力を合わせ、自助・共助・公助の連携により、災害に備えていくことが重要です。市民の皆さまにおかれましては、「自助」として、今一度、各ご家庭での防災備蓄や防災備品、避難所の確認等をお願い申し上げます(今号14 ・15頁に避難所マップを掲載)。 

また、東日本大震災や熊本地震等大きな災害に直面する折りにその必要性がクローズアップされますが、災害発生時には「共助」が大変重要です。本市では70自治会全てに自主防災組織が設置されており、毎年防災訓練を行って頂いています。是非とも地域で開催される防災訓練に積極的にご参加頂くとともに、自治会を中心とした地域活動や行事に積極的にご参加頂き、交流を図り、日頃から地域の絆をしっかりと築いて頂きたいと考えております。 

9月の第3月曜日は敬老の日です。長年にわたり、社会に貢献されたご高齢の皆さまにあらためて感謝し、ますますのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。9月5日には、市内の男女最高齢のお二人を訪問し、お祝いを申し上げたいと考えております。また、今年度、満100歳、満99 歳、満88 歳を迎えられる方、また、101歳以上の方には、民生委員・児童委員や市職員が訪問し、ご長寿をお祝いします。 

民生委員・児童委員の皆さまには、普段から担当地域のご家庭への訪問や身近な相談相手、また行政との橋渡しとしてご尽力いただいており、あらためて感謝申し上げます。本年は民生委員制度が発足して100年にあたる節目の年です。これまでの歴史や活動内容などについて今号6・7頁で特集しておりますので、ぜひご覧ください。 

9月は実りの秋でもあります。もりやまフルーツランドでは、採れたてのブドウ、ナシを販売中です。ぜひ、お出掛けいただき、守山の秋の味覚をお楽しみください。

 

 

守山市長 宮本和宏市長のイラスト

 

 

 

お問い合わせ

守山市総合政策部秘書広報室

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1113(秘書係)/077-582-1164(広報・広聴係) ファクス:077-583-5066

hisho@city.moriyama.lg.jp