文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ホーム > 学ぶ・楽しむ > 人権 > 人権教育・啓発 > 人権教育 > 人権啓発作品展「ふれあいもりやま展」作品募集

  • ライフシーンから探す
  • 組織から探す

ここから本文です。

第32回人権啓発作品展「ふれあいもりやま展」作品募集

公開日:令和4年10月3日

わたしたちは、誰もが「幸せに生きたい」「自分らしくありたい」という願いを持っています。その願いを保障するのが「人権」です。

しかし社会には、部落差別をはじめ、女性や子ども・高齢者をめぐる問題、障害のある方や外国人、セクシュアル・マイノリティの方への偏見、インターネット上における人権侵害など、各々の人権が守られない問題が数多く存在します。また、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、感染した方や医療・福祉施設に勤務している方、その家族などに対する差別や、最近ではワクチン接種に関する差別も社会的な問題となっています。

これらの問題を解決するには、わたしたち一人ひとりが身のまわりにある不合理や差別に気づき、できることから行動していくことが大切です。

そこで、市民のみなさまに、人とのふれあいで感じたやさしさやあたたかさ、差別をなくすために大切にしたいことや育んでいきたいことなどについて作品づくりを通じて考え、伝えていただく機会とするため、人権啓発につながる作品を募集します。

募集期間

令和4年(2022年)10月17日(月曜日)から12月23日(金曜日)まで

応募資格、募集部門および応募規格

応募資格は、守山市内に在住、または在学・在勤の方です。
募集部門は、ポスター、四コマ漫画、詩、作文、標語です。
応募規格は下記のとおりです。

ポスターの部

四つ切り(382ミリ×542ミリ)以内で、縦・横自由とします。

四コマ漫画の部

A4用紙1枚以内で、様式自由。
白紙(無地)を使用し、黒ペンや色ペンなどを使って、描いている絵やセリフがはっきりとわかるように作成してください。

詩の部

A3用紙1枚以内もしくは400字詰め原稿用紙2枚以内で、様式は自由とします。

作文の部

400字以上1,200字以内とします。

標語の部

はがき程度の大きさの用紙、あるいは応募票の「標語記入欄」に1題のみご記入ください。

注意事項

(1)応募作品は各部門ひとり1点、未発表・未投稿の自作の作品に限ります。
(2)入賞作品の版権は主催者に帰属します。
(3)人権上配慮を要すると考えられる場合は、主催者の判断によって作品の一部を修正または削除することがあります。
(4)入賞作品は、啓発活動に活用する際、所属名(自治会、学校、企業など)、名前、学年を公表する場合があります。入賞された場合、意向を確認します。

応募方法および応募先

(1)応募票に必要事項を記入し、作品に添付してください。
(2)応募票はこのページの下部「開催要項、応募票」を印刷してご利用いただくほか、各学区の公民館、守山市役所人権政策課でも配布しています。
(3)応募先は守山市役所2階(守山市総合政策部人権政策課)または各学区の公民館です。
(4)一般の方(学校・園以外から応募される方)標語の部および作文の部の作品に限り、応募票の記載事項を入力のうえ、メールおよびファクスでの応募も可とします。その際、メールタイトルあるいはファクス用紙に「ふれあいもりやま展作品応募」とご記入ください。メールおよびファクスで応募される方は、下記問い合わせ先までお送りください。

審査、入選作品について

(1)守山市まちづくり人権教育推進協議会の啓発教材部会において審査をおこない、部門ごとに入選作品を選びます。入選作品は、令和5年(2023年)2月16日から22日まで、守山市民ホール展示室に展示します。
(2)入選作品から審査により選ばれた金賞・銀賞の入賞者には、本人あてに通知し、記念品を贈ります。
(3)入賞作品は、啓発冊子等に掲載し、有効に活用します。

標語・川柳の入賞作品を活用したグッズ

標語の入賞作品を活用したグッズの一例

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

守山市総合政策部人権政策課

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1116 ファクス:077-582-0539

jinkenseisaku@city.moriyama.lg.jp