文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ホーム > くらし・環境 > 住宅・建築 > 建築 > 建築基準法第22条の規定による区域の指定について

  • ライフシーンから探す
  • 組織から探す

ここから本文です。

建築基準法第22条の規定による区域の指定について

公開日:令和2年9月11日

〈建築物の屋根・外壁・軒裏の不燃化〉

平成24年3月28日に決定された大津湖南都市計画の区域区分の変更により、守山市の播磨田町地先の一部および石田町地先の一部が市街化区域に編入されました。このことに合わせ、平成24年4月1日から従前の建築基準法第22条の規定による区域の指定(平成15年守山市告示第179号)を一部改正し、市街化区域に編入された区域を含め、区域の指定の拡張を行いました。拡張した指定区域は下図の赤色づけした区域となります。
建築基準法第22条区域にある建築物は、屋根、外壁、軒裏の構造の制限を受けて不燃化にすることで、通常の火災を想定した火の粉による火災の発生を防止します。このことにより住民の方の生命や財産を保護することになります。

建築基準法第22条の規定の指定区域

守山市の市街化区域全域と市街化調整区域である守山町の全部

面積1196.4 ha

建築基準法第22条の規定の指定区域位置図

建築基準法第22条の規定の指定区域一図

凡例

守山市域境界線


 

 

守山市域の境界線を示す

 守山市域境界線


 

建築基準法第22条の規定による区域
で囲まれた区域

対象地名

今宿(今宿町、今宿一丁目~四丁目)、守山(守山一丁目~六丁目)、吉身(吉身町、吉身一丁目~七丁目)、梅田町、勝部(勝部町、勝部一丁目~六丁目)、焰魔堂町、二町町、下之郷(下之郷一丁目~三丁目)、岡町、立入町、浮気町、千代町、阿村町、伊勢町、古高町、金森町、大門町、横江町、石田町、小島町、播磨田町、川田町、木浜町、今浜町、水保町地先の市街化区域および守山町地先の市街化調整区域のところ。

建築基準法第22条区域の制限内容

(今後、建物の新築、増改築、大規模の修繕や模様替え等の工事着手をする場合に適用します。)

建築基準法第22条区域の制限内容を示したイラスト

木造建築物以外

延焼の防止のために「屋根」の構造の制限を受けます。

木造建築物等(屋根、柱、壁等のうち荷重を支える部分が木造等で造られる建築物)

延焼の防止のために「屋根」「外壁」の構造の制限を受けます。
*特殊建築物(学校、劇場等(百貨店、共同住宅、自動車車庫等は一定規模以上が対象))は上記に加えて「軒裏」の構造の制限を受けます。
*「外壁」「軒裏」は延焼の恐れのある部分(延焼ライン内)に限ります。

制限をうけないもの

茶屋、あずまや等又は延べ面積が10平方メートル以内の物置、納屋等の屋根の延焼ライン外の部分。

※ 延焼の恐れのある部分・・・隣地境界線、道路中心線又は同一敷地内の2以上の建築物(延べ面積の合計が500平方メートル以内の建築物は、一の建築物とみなす。)相互の外壁間の中心線から、1階にあっては3メートル以下、2階以上にあっては5メートル以下の距離にある建築物をいう。ただし、・・・以下省略

お問い合わせ

守山市都市経済部建築課

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1139 ファクス:077-582-3284

kenchiku@city.moriyama.lg.jp