文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 福祉医療 > 低所得老人(65~74歳)の医療費助成内容について

  • ライフシーンから探す
  • 組織から探す

ここから本文です。

低所得老人(65~74歳)の医療費助成内容について

公開日:平成30年12月1日

助成内容

健康保険適用の医療費自己負担分(3割負担または2割負担)が、2割負担または1割負担になります。

年齢 生年月日 自己負担割合
65歳から69歳まで 昭和24年8月1日までの方 1割
65歳から69歳まで 昭和24年8月2日以降の方 2割
70歳から74歳まで 昭和19年4月2日以降の方 1割

 

さらに、ひと月にかかった医療費(※1)が下表の限度額を超えている場合、超過分の払い戻しを受けることができます。

医療機関で支払われた領収書(※2)を確認いただき、該当する場合は、下記の必要書類をお持ちのうえ、国保年金課に申請をお願いします。

限度額(ひと月ごとに計算)
外来(個人単位) 8,000円

入院+外来(世帯単位)※3

24,600円

 

※1 ひと月にかかった医療費とは、県内県外を問わず全ての医療機関(院外調剤薬局も含む)の受診分(健康保険適用分)の合計です。

※2 限度額については、医療機関で支払われた領収書の医療費(健康保険適用分)の額を合計してご確認ください。

※3 世帯とは、同一の健康保険に加入し、低所得老人の福祉医療を受けている人が対象となります。

申請に必要なもの

  • 領収書(保険点数および受診者名の明記したもの)
  • 印鑑(認め印可)
  • 通帳等、振込先口座のわかるもの
  • 福祉医療費受給券
  • 健康保険証
  • 限度額適用認定証(該当の方のみ)

 

県外で受診された場合も、払い戻し申請をしてください。

県内で福祉医療費受給券を使用された時と同じ負担割合になるように払い戻しをします(健康保険適用の医療費自己負担分のみ)。

お問い合わせ

守山市健康福祉部国保年金課

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1120 ファクス:077-582-1138

kokuhonenkin@city.moriyama.lg.jp