文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ホーム > 市長室へようこそ > 市民へのメッセージ > 平成31(令和元)年度 > 新型コロナウイルス対策に関する市民の皆様へのメッセージ(市長・教育長連名)(令和2年4月7日)

  • ライフシーンから探す
  • 組織から探す

ここから本文です。

新型コロナウイルス対策に関する市民の皆様へのメッセージ(市長・教育長連名)

更新日:令和2年4月7日

令和2年4月7日

 

新型コロナウイルス対策に関する市民の皆様へのメッセージ

 

守山市長

守山市教育長

 

 昨今の新型コロナウイルスの感染拡大にかかる報道等により、不安を感じておられる市民の皆様が多くおられると存じます。

 本日4月7日、内閣総理大臣が新型コロナウイルス感染の都市部での急速拡大を受け、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県を対象に法律に基づき、5月6日まで「緊急事態宣言」を行いました。

 新型コロナウイルスへの対策は、「正しく恐れる」、「正しく予防する」、「正しく向き合う」、ことが必要不可欠です。

 今回、「緊急事態宣言」が行われたことから、これまで以上に緊張感をもって、市民の皆様と力を合わせて、この苦境を乗り越えていきたいと考えております。

 

【一人ひとりの感染予防と感染拡大防止の大切さ】

 市民を挙げての感染拡大の防止と行動変容は、自らの命や健康だけでなく、大切な方々の命や健康を守ることに繋がります。

 感染拡大防止の観点から、マスクの着用による飛散防止、手洗い・うがいの徹底はもちろん、是非とも感染拡大地域への不要不急の外出を控えてください。

 とりわけ、「緊急事態宣言」の対象とされた7都府県への不要不急の出張、訪問等の自粛をお願いします。

 また、いわゆる「3密」(①密閉された空間、②密集した空間、③密接・緊密な会話・発声)を避けた徹底的な行動をとって頂きますよう強くお願い申し上げます。

 

【小中学校、保育園・幼稚園・こども園、放課後児童クラブ室】

 去る2月27日の内閣総理大臣からの全国の小中学校の臨時休校要請を踏まえ、3月3日から24日までの間、休校とさせて頂き、また、保育園・幼稚園・こども園・放課後児童クラブ室については、家庭での保育要請をさせて頂き、児童・生徒の皆様、保護者の皆様に大きな負担をお掛けしたところです。深いご理解を頂くとともに、児童・生徒の学習環境・生活環境の確保に御配慮頂きました保護者や関係者の皆様に心より御礼申し上げます。

 今回、「緊急事態宣言」が行われましたが、現在、滋賀県は対象地域でなく、また、県内では感染経路不明の方がいないこと等から、先にお示ししているとおり、マスクの着用による飛散防止、手洗い・うがいの徹底などの感染拡大防止策をしっかり講じる中で、基本的に通常の形で学校園を運営させて頂くこととし、①小中学校については4月8日から、②幼稚園・こども園(短時部)については、4月9日から運営させて頂きます。また、③保育園・こども園(長時部)・放課後児童クラブ室については4月1日から運営させて頂いているところです。

 なお、小中学校においては、保護者等から新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から自宅待機する旨の申し出がある場合は、「欠席日数」に入れず、「出席しなくてもよい日」として扱います。

 学習面については、前学年の積み残し学習からスタートし、夏休みを短縮する中で、1学期中に学習すべき内容を習得頂く予定としております。また、生活面は、家庭と連携する中で、子どもたちにできるだけ早期に元の生活環境に慣れてもらえるよう、きめ細やかに取り組んでまいります。

 児童・生徒が、不安な気持ちになったり、悩みがある場合等は、引き続き、遠慮なく、当該学校園等にご連絡ください。担任を始め、関係の教職員、カウンセラー等による丁寧な相談対応及び適切な支援をしてまいります。

 一方、感染拡大の状況により休校措置等があり得ることを予めご了知ください。

 今後とも、感染拡大防止と子どもたちの健やかな成長環境のバランスをしっかり取りながら、運営してまいる所存です。

 

【市主催イベント・市関係施設等の対応】

 守山市においては、感染拡大の防止対策として、「3密」環境となる恐れのある市主催の大規模イベント等を4月17日(金曜日)までの間、引き続き、延期・中止するとともに、関係団体にも当該趣旨を踏まえ、自粛頂くよう要請したところです。

 なお、乳幼児健診、こんにちは赤ちゃん訪問については、乳幼児の成長に必要不可欠な取組みであることから、4月1日より再開させて頂いております。

 市関係施設の内、次の施設については、4月17日(金曜日)までの間、引き続き、児童及び生徒(小学生、中学生及び高校生)の利用を控えて頂く対応とします。

<施設>

図書館(短時間の貸出・返却は可能です。)、市民交流センター、地区会館・公民館、エルセンター、地域総合センター、あまが池プラザ、うの家、駅前コミュニティーホール

※なお、図書館及びあまが池プラザについては、乳幼児を連れた来館者の長時間の利用を控えて頂きますよう要請します。

 また、次の施設については4月17日(金曜日)までの間引き続き、閉鎖します。

<施設>

全児童館、大型児童センター、地域子育て支援センター、市民交流センタートレーニング室

なお、屋外の公園はご利用頂けますので、利用時については、感染拡大予防対策、及び、帰宅後のうがい・手洗いの徹底をお願い致します。

 

【病院の受診・検査】

 厚生労働省が発表している相談・受診の目安に該当する症状がある場合には、まずは「帰国者・接触者相談センター(滋賀県薬務感染症対策課(080-2470-8042)、又は、滋賀県草津保健所(080-2522-3054)」にご相談ください。センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いがある場合には、「帰国者・接触者外来」が紹介されますので、マスクの着用等により飛散防止対策を講じた上で受診頂き、医師の診断に基づきPCR検査等を受検頂くようお願い申し上げます。

 

【生活支援】

 新型コロナウイルスの感染拡大により生活不安を抱えておられる方がおられると存じます。守山市生活支援相談室(077-582-1161)で相談・支援をきめ細かく行っておりますので、遠慮なくご連絡頂ければと存じます。

 

【市内企業の経営対策】

 新型コロナウイルスの感染拡大による人の往来の減少及び消費活動減退等により、特に市内中小企業の経営に大きな影響が生じているところです。市民の皆様におかれては、市内店舗での買い物等を何卒よろしくお願い申し上げます。

 現在、国においては、円滑な資金借入れ、休業補償制度等が設けられ、また、中小企業向けの給付金も検討されているところです。雇用の維持・確保が不可欠であり、国・県・市が連携する中で、支援してまいります。

 滋賀県においては、国のセーフティネット資金貸付にかかる信用保証料を全額補助する制度を創設されたところであり、守山市では、連動する形で、一定の利子補給を行い、支援を行ってまいります。

 また、HP改良・広告宣伝、インターネット販売、パッケージ導入等を対象として国の「小規模事業者持続可能化補助金」(補助率2/3)及び県の「経営支援補助金」(補助率:中小企業2/3、小規模事業者3/4)に、守山市独自の支援措置(補助率1/6)を講じることとしております。

 詳しくは、守山市商工観光課(077-582-1131)・商工会議所(077-582-2425)までお問合せください。

 

【国の経済対策】

〇雇用調整助成金については、次にお問い合わせください。

  • コールセンター 0120-60-3999(受付9時~21時(土日祝含む)
  • 滋賀県職業対策課助成金コーナー 077-526-8251

〇生活に困っている世帯に対する新たな給付金、中小・小規模事業者等に対する新たな給付金等の国の経済対策につきましては、詳細が決まり次第、本市からも市民の皆様にお知らせいたします。

 

【さいごに】

 今後とも、感染拡大防止を念頭に置きながら、市民の皆様の日常生活・経済活動と児童・生徒の健やかな成長環境等が確保できるよう、実情をしっかり見極めながら、取り組んでまいります。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

今後とも適宜適切にホームページ等を通じて、情報発信を行ってまいりますので、ご確認等よろしくお願い申し上げます。

 

新型コロナウイルス対策に関する市民の皆様へのメッセージ(市長・教育長連名、令和2年4月7日)(PDF:256KB)

(参考)市内小・中学校の4月8日(水曜日)からの学校再開について(令和2年4月6日)(PDF:220KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

守山市総合政策部秘書広報室

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1113(秘書係)/077-582-1164(広報・広聴係) ファクス:077-583-5066

hisho@city.moriyama.lg.jp