文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 新型コロナワクチン接種 > 初回接種(1、2回目接種) > 12~15歳の小中学生への接種について(1・2回目)

  • ライフシーンから探す
  • 組織から探す

ここから本文です。

12~15歳の小中学生への接種について(1・2回目)

公開日:令和4年4月22日

 12歳から15歳の小中学生の新型コロナワクチン接種(1・2回目)につきまして、お知らせします。

接種券の送付

  • 令和4年3月2日までに12歳の誕生日を迎えられた方へは、すでに接種券を送付しています。
  • 令和4年3月3日以降に12歳の誕生日を迎えられる方へは、小児用(5歳から11歳)の接種券を送付しています。令和4年3月3日以降、新たに12歳になられた方で接種を希望される場合は、既に届いている小児用の接種券を使用して成人用(12歳以上)のファイザー社製ワクチンを接種してください。

※転入されてきた方は、転入時期によっては接種券が届かない場合があります。対象年齢になっても接種券が届かない際は、感染症対策室までお問い合わせください。

接種するワクチン

成人用のファイザー社製ワクチン

※成人用のファイザー社製のワクチンは、接種時点で12歳に到達している必要があります。

12~15歳のお子様の保護者の方へ

 守山市では、以下の理由により、12~15歳のお子様の新型コロナワクチンの接種については、市内医療機関での個別接種を推奨しています。

  • 接種の心理的負担により、「予防接種ストレス関連反応」(息切れやめまい、失神など)が起こりやすい年齢であること。
  • 本人、保護者へのより丁寧な副反応等の説明と同意確認が必要であること。

注意していただく点

  • 接種される場合には、予診票の署名欄に、必ず保護者の氏名を署名してください。

 ※予診票に保護者の署名がなければワクチン接種は受けられません。

  • 接種当日は、保護者の同伴が必要です。

 被接種者の健康状態を普段より熟知している保護者の同伴が必要です。

 ※予防接種法において、「保護者」とは、「親権を行う者又は後見人」とされています。

 ただし、保護者が何らかの理由で同伴できない場合については、保護者からの「委任状」を提示することにより、被接種者の健康状態を普段より熟知し、保護者の代わりを務められる者が代わりに同伴することが可能です。

 様式:委任状(ワード:19KB)

個別接種(12~15歳)実施医療機関

12歳から15歳の1・2回目の個別接種を実施している医療機関は、こちらをご覧ください。(PDF:87KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

守山市健康福祉部感染症対策室

電話番号:077-598-5711 ファクス:077-581-1628

kansenshotaisaku01@city.moriyama.lg.jp