文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ここから本文です。

MORIYAMA KIDS 守山市(もりやまし)をもっと好(す)きになる!

キッズTOP

野洲川改修工事

野洲川改修工事(やすがわかいしゅうこうじ)についてくわしくみてみよう

むかしの人のおかげで安全(あんぜん)な野洲川(やすがわ)になったんだね

野洲川の移り変わり

野洲川の治水事業の一環として、昭和46年(1971)に野洲川の改修工事が始まり、昭和54年(1979)に野洲川放水路に通水が始まりました。これにより、野洲川下流域は、その姿を大きく変えることになりました。放水路は、中洲学区を貫通させるもので、新庄町の川辺(かわづら)全戸と小浜町の2戸、それに神社も移転しなければならず、また、190haもの農地も提供しなければなりませんでした。

しかしながら、この放水路の建設によって、野洲川の水害は過去のものになりつつあり、流域住民にとっては、水害をなくすことは悲願でもあったのです。

 

昭和35年頃の野洲川

昭和35年頃の野洲川

昭和50年の野洲川

昭和50年の野洲川

現在の野洲川

現在の野洲川

 

ページの先頭へ戻る

野洲川改修工事の内容

改修工事は、新庄町地先からほぼ直線に水田を掘って放水路をつくるという方法で行われました。新しい放水路の堤防は、石部町(現湖南市)の山から運んできた土で築かれました。

 

地形断面図(新しい野洲川河口より3.8km付近)

地形断面図
(新しい野洲川河口より3.8km付近)

地図

地図

 

ページの先頭へ戻る

野洲川改修工事動画

昭和28年、堤防の決壊あと(笠原町)

昭和28年、堤防の決壊あと(笠原町)

野洲川下流域で、堤防がよく決壊し、水災に見舞われた理由(WMV:6,031KB)

トラクラーショベルと32tトラックによる作業

トラクラーショベルと32tトラックによる作業

改修工事のようす(WMV:8,822KB)

野洲川放水路通水式

野洲川放水路通水式

通水式(昭和54年6月2日)(WMV:5,085KB)

 

ページの先頭へ戻る

各地に残る改修記念碑

 

Windows Media Playerのダウンロードページへ

動画形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Windows MediaPlayerが必要です。Microsoft Windows MediaPlayerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。