文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ホーム > 市政情報 > 行政情報 > ふるさと納税 > ふるさと守山応援サイトトップページ

  • ライフシーンから探す
  • 組織から探す

ここから本文です。

ふるさと守山応援サイトトップページ

公開日:平成28年1月19日

平成27年6月1日から「ふるさと守山応援寄付金」を大幅リニューアル!!!

応援してください!ふるさと「守山」

「ふるさとに貢献したい」、「守山市を応援したい」など、守山市のまちづくりを応援いただける皆様のご支援を受け、「活力ある住みやすさ日本一が実感できる守山」を目指して精一杯まちづくりに取り組んでおります。ぜひとも守山市への応援をお願いいたします。

市内中学生のアイディアを活用した「もりやま循環型ふるさと”農”税」

本市では、平成26年度に滋賀県立守山中学校3年生からいただいた「循環型ふるさと納税」の仕組みを活用し、モリヤマメロンや近江米などを中心とした地域農産物を寄付金のお礼の品として皆様にお贈りするとともに、皆様からの寄付金がそれら地域の農産物などに活用できるようにいたしました。

循環型ふるさと納税の仕組み

市内中学生から募集したキャッチコピーでPR

ふるさと納税ポスター

ふるさと守山応援寄付金(ふるさと納税)制度を県内外の多くの方に知っていただくため、市内中学校3年生からキャッチコピーを募集いたしました。今後、最優秀賞に選ばれましたキャッチコピーを活用して様々な場所でPRを行います。

  • 最優秀賞 私立立命館守山中学校 岡本 晃東くん
  • キャッチコピー 「僕はおまえのことが二番目に好きや!」「一番目は?」「守山や!」 (今回の募集に対し、196作品の応募をいただきました。)

ふるさと守山応援寄付金の謝礼品

本市に1万円以上のふるさと守山応援寄付金をいただいた皆様に、謝礼品として守山市で大切に育てられた地域の農産物等をお礼の品としてお贈りいたします。下記のふるさと納税ポータルサイトまたはパンフレットをご覧ください。

ふるさと守山応援寄付金の申込み

お申し込みの手続きに関しては、外部サイト「ふるさとチョイス」に委託しております。

下のリンクより、専用フォームにて必要事項をご入力の上お申し込みください。

なお、下記からお申込みいただきますとクレジットカード決済で寄付をいただくことができます。

furusatonouzeiform12(外部サイトへリンク)

選べる寄付金使途

守山市のまちづくりを応援いただける皆様からのふるさと守山応援寄付金(ふるさと納税)は、「活力ある住みやすさ日本一が実感できる守山」を目指して、下記の7事業に大切に活用させていただきます。

寄付金の使途を、以下の7事業からお選びいただけます。(複数選択できます。)

1.モリヤマメロン新規就農者支援事業や地域農家支援事業

モリヤマメロントレーニングハウスモリヤマメロンは、守山市を代表する特産品です。モリヤマメロンを栽培する農家の技を後世に引き継ぎ、ブランド力の維持と発展を図るため、新規就農者支援事業を行うとともに、市内農家支援事業を実施します。

 

2.ほたるの森資料館充実整備事業

ほたるの森資料館5月下旬になると市内を乱舞するゲンジホタルの研究や、守山ゲンジボタルの歴史・保護の取り組みなど様々な展示を行っている「守山市ほたるの森資料館」を充実させ、たくさんの子どもたちがホタルについて学ぶことができるよう取り組みます。

 

 

3.安全安心の遊べる公園遊具の改修事業

美崎公園守山市は、若い世代を中心に人口が増加している元気あるまちです。たくさんの子どもたちが公園で楽しくいきいきと安心して元気に遊べるように、公園遊具の改修を行います。

 

4.市内保育園園舎の整備事業

浮気保育園待機児童が減少するよう、安心して子育てができるまちとなるよう老朽化している市内の保育園などの整備を行います。

 

5.大庄屋諏訪家屋敷改修整備事業

大庄屋諏訪家屋敷江戸時代後期の民家建築や庭園などが残る市指定文化財史跡「大庄屋諏訪家屋敷」は、近世の和風建築と庭園を有する密度の高い大庄屋屋敷として、滋賀県内でも数少ない大変重要な屋敷です。敷地内(面積約4,000平方メートル)には、入母屋造茅葺き屋根の主屋や書院をはじめ、庭園、茶室、土蔵があります。歴史深く魅力あるこの「大庄屋諏訪家屋敷」を本市の迎賓館として整備し、今後も文化財として大切に残していきます。

 

6.図書館の図書購入事業

市立図書館市立図書館に並べる専門書や絵本など様々な分野の図書をより充実させ、ご利用いただくたくさんの方々にご満足していただけるよう取り組みます。

 

7.その他目的を達成するために市長が必要と認める事業

 

ふるさと納税制度の概要

ふるさと納税を行う際、2,000円を除いた全額が控除される限度(ふるさと納税枠)が約2倍に拡充されました。平成27年1月1日以降のふるさと納税から対象となります。

また、確定申告をする必要のない給与所得者等がふるさと納税を行う場合に、ふるさと納税先団体が5団体以内の場合であって、確定申告を行わない場合に限り、ふるさと納税を行う際に、各ふるさと納税先団体に特例の適用に関する申請書を提出することで、確定申告を行わなくても、ふるさと納税についての寄附金控除を受けられる特例的な仕組み(ふるさと納税ワンストップ特例制度)が創設されました。詳しくは、下記ポータルサイトをご覧ください。

ワンストップ特例制度で寄付の申告手続きの簡素化

平成27年4月1日より、所定の条件を満たすと、確定申告なしで寄付金控除申請を行えるようになりました。この制度を利用すると、控除される税金が、今までは「所得税からの還付、住民税からの控除」であったものが、全て住民税からの控除となり、翌年度の住民税から控除されます。

「ワンストップ特例制度」を使うためには、以下の条件を満たす必要がありますので、必ず事前にご確認ください。

1:もともと確定申告をする必要のない給与所得者等であること。

※年収2,000万円を超える場合や、医療費控除のために確定申告が必要な場合は確定申告で寄付金控除を申請してください。

2:平成27年1月1日から3月31日までに寄付をしていないこと。

※平成27年4月までに寄付をされた場合は確定申告が必要となります。

3:1年間の寄付先が5自治体以下であること

※1つの自治体に複数回寄付をしても1カウントとなります。

この制度を申請するためには、寄付金税額控除に係る申告特例申請書を平成28年1月10日までに自治体へ提出する必要があります。年末の寄付の場合、本市からの申請書送付が遅れる可能性がございますので、お急ぎの方は、下記より書式をダウンロードして必要事項を記載の上ご郵送ください。

※なお、既に申請書を提出いただいた方で、当該申請に係る寄付金を支出した平成28年1月1日までの間に当該申請書の内容(電話番号を除く。)に変更があった場合は、『申請事項変更届書』に必要な事項を記載して平成28年1月10日までに、当該申請書を提出した地方団体に提出してください。

【各種書式】

申請書(PDF:190KB)

申請書(記入例)(PDF:259KB)

申請事項変更届出書(PDF:223KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

守山市政策調整部みらい政策課

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1162 ファクス:077-582-0539

miraiseisaku@city.moriyama.lg.jp