文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ホーム > 組織から探す > 都市活性化局 > 農政課(事業内容) > 農地利用集積円滑化事業が中間管理事業に統合されます

  • ライフシーンから探す
  • 組織から探す

ここから本文です。

農地利用集積円滑化事業が中間管理事業に統合されます

公開日:令和2年2月14日

令和2年4月1日より農業経営基盤強化促進法等の関係法令が改正されることに伴い、これまでJAおうみ冨士が農地利用集積円滑化団体として取り組まれてきました農地所有者代理事業等の利用権等の設定の方法が、滋賀県農林漁業担い手育成基金が農地中間管理機構として実施している農地中間管理事業に統合されることとなります。
詳しくは、添付しております制度改正説明資料をご覧ください。

農地の利用権設定方法(3月1日から)

1.農地法に基づく利用権設定(相対契約)
2.農業経営基盤強化促進法に基づく利用権設定(相対契約)
3.農地中間管理機構を通じての利用権設定(転貸契約)

農地利用集積円滑化団体(JAおうみ冨士)の農地所有者代理事業の最終受付(市への申請期限)

農地所有者代理事業(転貸契約)等による利用権設定の市への申し込み期限は、通常15日締めとしておりますが、法改正に伴い、令和2年2月28日まで延長して対応いたします。3月1日以降は、JAおうみ冨士を介しての利用券設定は受付できません。
つきましては、新規で農地利用集積円滑化団体を通じて農地を貸したい場合、お早めにおうみ冨士農協様へご相談いただき、お申し込みください。

農地利用集積円滑化団体(JAおうみ冨士)を通じて利用権設定を行っている方

今回の法改正による契約変更等の手続きは不要です。契約期間満了まで農地利用集積円滑化団体が管理します。(賃料の変更は可。契約期間の延長は不可)
ただし、農地利用集積円滑化団体が農地中間管理機構に一括承継の申し出がされた場合、農地中間管理機構を介しての契約に変更されます。(手続きは不要)
一括承継の申し出がされるまでに契約期間が満了した場合は、前述の「農地の利用権の設定方法(3月1日から)」により、新たな契約を検討いただきますようお願いいたします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

守山市都市活性化局農政課

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1130 ファクス:077-582-1166

nosei@city.moriyama.lg.jp