○守山市立図書館資料除籍基準

平成10年6月1日

図書館資料の廃棄基準(昭和53年4月1日制定)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この基準は、守山市立図書館で所蔵する図書館資料(以下「資料」という。)の除籍について、定めるものとする。

(除籍対象の資料)

第2条 除籍の対象となる資料は、次のとおりとする。

(1) 毀損

破損、汚損が甚だしく、修理不能、もしくは修理する価値がないもの

(2) 不要

 時間の経過により、内容が古くなり、資料的価値がなくなったもの

 複本で、利用の可能性が低くなったもの

 改訂、新版または同種の資料の入手により、代替可能となったもの

(3) 亡失

 蔵書点検の結果、所在不明となった資料で、3年以上調査しても発見できなかったもの

 貸出中の資料で、督促等の努力にもかかわらず、5年以上回収できなかったもの

 利用者が破損、汚損または紛失した資料で、やむを得ない事情により現物での弁償ができないもの

 災害その他の不可抗力による事故により、その発生事実が証明されたもの

(4) その他

館長が除籍を必要と認めたもの

(除籍対象外の資料)

第3条 郷土資料は、原則として除籍の対象としない。

(除籍の決定と廃棄)

第4条 除籍は、館長の決定により行い、当該年度内に廃棄する。

付 則

この要綱は、平成10年6月1日から施行する。

守山市立図書館資料除籍基準

平成10年6月1日 種別なし

(平成10年6月1日施行)

体系情報
要綱集/ 各種要綱等/第7章 育/第3節 社会教育
沿革情報
平成10年6月1日 種別なし