○守山市立学校栄養職員特別非常勤講師設置要綱

平成17年10月24日

(趣旨)

第1条 この要綱は、「食」に関する指導の充実を目的として、守山市立学校に在籍する学校栄養職員を、当該職員としての身分を保有したままで、教育職員免許法(昭和24年法律第147号)第3条第2項および第3条の2の規定による非常勤講師(以下「特別非常勤講師等」という。)として任用することにつき、必要な事項を定める。

(職務)

第2条 特別非常勤講師等は、その在籍する学校において、「食」に関する指導のうち校長が定めるものを行う。

(任用)

第3条 特別非常勤講師等は、次の各号のいずれにも該当する者のうちから教育長が任用する。

(1) 現に守山市立学校に在籍する学校栄養職員である者

(2) 臨時的任用職員でない者

2 前項の任用は、辞令を交付してこれを行う。

(身分および任用期間)

第4条 特別非常勤講師等は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号に規定する特別職の非常勤の嘱託員とする。

2 特別非常勤講師等の任用期間は、任用の日から当該年度の末日までとする。

(報酬)

第5条 特別非常勤講師等には、報酬は支給しない。

(勤務日および勤務時間)

第6条 特別非常勤講師等として勤務する勤務日および勤務時間の割振りは、学校栄養職員としての職務に支障のない範囲内で、校長が関係職員と協議の上これを定める。

(公務災害補償)

第7条 特別非常勤講師等としての職務に従事していた際に発生した公務上における災害については、守山市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例(昭和42年条例第23号)の規定を適用する。

(解任)

第8条 教育長は、特別非常勤講師等が守山市立学校に在籍する者でなくなったとき、または学校栄養職員としての身分を失ったときは、これを解任する。

付 則

この要綱は、平成17年11月1日から施行する。

守山市立学校栄養職員特別非常勤講師設置要綱

平成17年10月24日 種別なし

(平成17年11月1日施行)

体系情報
要綱集/ 各種要綱等/第9章 育/第2節 学校教育
沿革情報
平成17年10月24日 種別なし