○守山市幼稚園預かり保育事業実施規則

平成29年3月23日

教委規則第2号

(目的)

第1条 この規則は、子育て支援の一環として、守山市立幼稚園(以下「幼稚園」という。)における教育課程に係る教育時間(以下「教育時間」という。)以外の時間帯において、幼児を預かり、保育を行う事業(以下「預かり保育」という。)の実施に関し、必要な事項を定めるものとする。

(預かり保育の内容)

第2条 幼稚園で実施する預かり保育の種類は次の各号に掲げるとおりとし、その内容はそれぞれ当該各号に定めるとおりとする。

(1) 常時利用預かり保育 年間または一定期間を通じて継続的に利用する見込みのある預かり保育

(2) 一時利用預かり保育 月の利用日数が第4条で定める日数を超えない範囲で、一時的に利用する預かり保育

(預かり保育の実施園)

第3条 預かり保育を実施する幼稚園は、吉身幼稚園、立入が丘幼稚園および速野幼稚園(以下「実施園」という。)とする。

(平30教委規則4・一部改正)

(対象者)

第4条 常時利用預かり保育の対象者は、実施園に在園する3歳児、4歳児および5歳児学級の園児(以下「園児」という。)とし、当該園児の保護者のいずれもが次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 恒常的に居宅内外で就労している場合

(2) 妊娠中である、または出産後間がない場合

(3) 疾病または負傷等の状態にあり、保育が必要と認める場合

(4) 長期にわたり疾病の状態にある、または精神もしくは身体に障害を有する同居の親族(長期間入院をしている親族を含む。)を常時介護している場合

(5) 災害等の復旧にあたっている場合

(6) 就労のために就学している場合

(7) 前各号に掲げるもののほか幼稚園長(以下「園長」という。)が常時利用預かり保育の利用が特に必要と認める場合

2 前項の規定にかかわらず、預かり保育料の滞納がある場合は、常時利用預かり保育を利用できないものとする。

3 一時利用預かり保育の対象者は、実施園に在園する3歳児、4歳児および5歳児学級の園児とし、当該園児の保護者が次の各号のいずれにも該当すると認められるものとする。

(1) 教育時間終了時に就労等その他園長が認める理由により子どもを降園させることができないこと。

(2) 月の利用日数が10日を超えないこと。ただし、4月分については、月の利用日数が12日を超えないこと。

(3) 預かり保育料の滞納がないこと。

(4) 前各号に掲げるもののほか、園長が一時利用預かり保育の利用が特に必要と認めること。

(平30教委規則4・一部改正)

(利用定員)

第5条 預かり保育の利用定員は、実施園につき30人とする。ただし、実施園の管理上支障がない場合は、この限りでない。

(平30教委規則4・一部改正)

(預かり保育時間)

第6条 預かり保育の実施時間は、次に掲げるとおりとする。ただし、園長が特に必要があると認めるときは、預かり保育の開始時刻および終了時刻を変更することができる。

(1) 教育時間終了後から午後4時30分まで

(2) 守山市立幼稚園の管理および運営に関する規則(昭和32年教育委員会規則第2号)第3条第1項第4号に規定する夏季休業日の範囲内で園長が指定する20日間および冬季休業日の範囲内で園長が指定する5日間の午前8時30分から午後4時30分まで

(平30教委規則4・一部改正)

(休業日)

第7条 預かり保育の休業日は、次に掲げるとおりとする。

(1) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(2) 日曜日および土曜日

(3) 学年始休業日 4月1日から4月8日まで

(4) 夏季休業日 7月21日から8月31日まで(ただし、前条第2号の規定により、園長が指定する日を除く。)

(5) 冬季休業日 12月24日から翌年1月6日まで

(6) 学年末休業日 3月24日から3月31日まで

(7) その他園長が指定した日

2 園長は、前項に規定する休業日のほか、預かり保育を利用しようとする園児がない場合は、その日を休業日とすることができる。

(平30教委規則4・一部改正)

(利用の申請)

第8条 常時利用預かり保育を利用しようとする園児の保護者は、守山市立幼稚園常時利用預かり保育(月単位)申込書(別記様式第1号)を預かり保育を希望する月の前月の15日までに、実施園の園長に申請しなければならない。ただし、その日が休園日の場合は、その前の保育日までに申請しなければならない。

2 前項の申請をしようとする園児の保護者は、第4条第1項の保護者の実態を証明する書類を添付しなければならない。

3 一時利用預かり保育を利用しようとする園児の保護者は、守山市立幼稚園一時利用預かり保育(日単位)申込書(別記様式第2号)を預かり保育を希望する日の前週の月曜日から前日までに、実施園の園長に申請しなければならない。ただし、その日が休園日の場合は、その前の保育日までに申請しなければならない。

(利用の決定)

第9条 実施園の園長は、前条第1項の規定による申請があったときは、利用の可否を決定し、申込者に対して守山市立幼稚園常時利用預かり保育(月単位)(承認・不承認)書(別記様式第3号)を交付するものとする。

2 実施園の園長は、前条第3項の規定による申請があったときは、利用の可否を決定し、申込者に対して守山市立幼稚園一時利用預かり保育(日単位)(承認・不承認)書(別記様式第4号)を交付するものとする。

(利用の変更等)

第10条 預かり保育を利用しようとする園児の保護者は、利用内容の変更または廃止をしようとする場合は、守山市立幼稚園預かり保育利用変更(廃止)届(別記様式第5号)を速やかに実施園の園長に提出しなければならない。

2 月の途中において、常時利用預かり保育から一時利用預かり保育への変更はできないものとする。

(常時利用預かり保育の不実施)

第11条 4月分については、常時利用預かり保育は実施しない。

(一時利用預かり保育の利用)

第12条 常時預かり保育の定員が満たない場合においてのみ、一時利用預かり保育の利用を受け付けるものとする。

(平30教委規則4・全改)

(預かり保育料の額)

第13条 常時利用預かり保育料は、園児1人につき月額5,000円とする。ただし、夏季休業期間中の8月分については、園児1人につき月額7,000円とする。

2 一時利用預かり保育料は、園児1人1日につき300円とする。ただし、長期休業期間中の利用にかかる一時利用預かり保育料は、園児1人1日につき600円とする。

(平30教委規則4・一部改正)

(保育料の納付)

第14条 常時利用預かり保育を利用する園児の保護者は、実施園が通知する守山市立幼稚園預かり保育料納入通知書(別記様式第6号。以下「納入通知書」という。)により毎月25日に預かり保育料を納入するものとする。ただし、その日が休園日の場合は、その前の保育日までに納入するものとする。

2 一時利用預かり保育を利用した園児の保護者は、実施園が月末に通知する納入通知書により翌月5日に預かり保育料を納入するものとする。ただし、その日が休園日の場合は、その前の保育日までに納入するものとする。なお、3月分については、3月23日までの実施園の指定日までに納めなければならない。

3 預かり保育の利用の承認を受けた者が1日も利用しなかった場合にあっても、預かり保育料を全額納入するものとする。ただし、一時利用預かり保育の利用の承認を受けた者がやむを得ない事情と園長が認めるときは、この限りではない。

(その他)

第15条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は教育長が別に定めるものとする。

付 則

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

付 則(平成30年4月1日教委規則第4号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

画像画像

(平30教委規則4・一部改正)

画像画像

画像

(平30教委規則4・一部改正)

画像

画像

画像

守山市幼稚園預かり保育事業実施規則

平成29年3月23日 教育委員会規則第2号

(平成30年4月1日施行)