○守山市適応指導教室管理運営に関する要綱

平成30年4月1日

守山市適応指導教室管理運営に関する要綱(平成10年3月24日制定)の全部を次のように改正する。

(趣旨)

第1条 この要綱は、守山市生涯学習・教育支援センターの設置および管理に関する条例(平成20年9月30日条例第26号)第4条第2号の規定および守山市適応指導教室設置要綱(平成10年3月24日制定)に基づき設置する守山市適応指導教室(以下「適応指導教室」という)の管理運営について必要な事項を定めるものとする。

(開室日)

第2条 適応指導教室の開室日時は、月曜日から金曜日までの午前9時30分から午後3時までとする。

(休業日)

第3条 適応指導教室の休業日は、次のとおりとする。

(2) 守山市生涯学習・教育支援センターの休館日

2 教育研究所長は、前項の規定にかかわらず、必要があると認めるときは、教育委員会の承認を受けて休業日を変更、または臨時に休業することができる。

(組織)

第4条 適応指導教室には、適応指導をする職員、教育相談をする職員およびその他必要な職員を置く。

(通室)

第5条 適応指導教室への通室に関わる経費の負担およびその他の事項については、保護者の責任とする。

(手続)

第6条 適応指導教室の入室については、下記の手続きによる。

(1) 適応指導教室に体験入室を希望する保護者は、在籍の学校長に適応指導教室(体験)入室申込書(別記様式第1号)を提出する。

(2) 学校長は、教育研究所長に適応指導教室(体験)入室申請書(別記様式第2号)を提出する。

(3) 体験入室後に、適応指導教室に入室を希望する保護者は、在籍の学校長に適応指導教室(正式)入室申込書(別記様式第3号)を提出する。

(4) 学校長は、教育研究所長に適応指導教室(正式)入室申請書(別記様式第4号)を提出する。

(5) 教育研究所長は、適応指導を開始したとき、学校長に適応指導開始通知書(別記様式第5号)により通知する。

(6) 教育研究所長は、学校長に教育相談および適応指導の経過や状況について、適応指導状況報告書(別記様式第6号)により報告する。

(7) 教育研究所長は、適応指導を終了したと認められるとき、学校長に適応指導終了通知書(別記様式第7号)により通知する。

(8) 教育研究所長は、適応指導を中止したとき、学校長に適応指導中止通知書(別記様式第8号)により通知する。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項については教育研究所長が定める。

付 則

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

守山市適応指導教室管理運営に関する要綱

平成30年4月1日 種別なし

(平成30年4月1日施行)