文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ホーム > 市長室へようこそ > 施政方針 > 令和2年守山市議会3月定例月会議提案理由(中日追加)

  • ライフシーンから探す
  • 組織から探す

ここから本文です。

令和2年守山市議会3月定例月会議提案理由(中日追加)

公開日:令和2年3月4日

おはようございます。

本日、追加議案を提出させていただきましたところ、早々に上程いただき、厚く御礼申し上げます。

提案理由のご説明を申し上げます前に、新型コロナウイルス対策に関しまして、申し上げます。

 

新型コロナウイルスの感染拡大にかかる報道等により、不安を感じておられる市民の皆さまが多くおられると存じます。本市では、2月26日に新型コロナウイルス感染症対策本部を立ち上げ、全庁一丸となった取組みを行っているところです。

その中で、去る2月27日の内閣総理大臣からの全国の小中学校の臨時休校要請については、唐突であり、児童・生徒への大きな影響を勘案しますと、当該要請を受け入れることは現実的に困難であると考える一方で、今回の要請は、新型コロナウイルス感染の更なる拡大の可能性とその深刻さを表すものであり、協議を重ねた結果、児童・生徒への感染拡大防止の観点から、小中学校の臨時休校を実施せざるを得ないと判断し、3月3日から同月24日までの間、臨時休校とさせて頂きました。なお、臨時休校中において、小学生低学年児童等で、家庭での対応が困難な児童については、平日午後3時まで各小学校で受け入れを行うこととしたところです。

 

また、保育園、幼稚園、こども園、放課後児童クラブ室については、原則、家庭における保育を強くお願いするとともに、家庭の事情によりやむを得ず、家庭で保育ができない乳幼児及び低学年児童等については、各施設での保育を行うこととしたところです。

児童・生徒及び保護者の皆様にご心配とご負担をお掛けすることとなりますが、丁寧な情報提供やきめ細やかな対応により、児童・生徒及び保護者の皆様の心配と不安を取り除けるよう、また、児童・生徒の健やかな成長に課題が生じないよう、学校園及び関係機関と連携し、万全を期してまいりたいと考えております。この観点から、

1 入試や卒業式等への対応については、各小中学校からの文書、メール、ホームページ等にて丁寧に情報提供させて頂くこと。  

2 臨時休校・春休み中において、児童・生徒が、不安な気持ちになったり、悩みがある場合等は、当該小中学校に遠慮なくご連絡頂き、担任を始め、関係の教職員、カウンセラー等による丁寧な相談対応及び適切な支援を行うこと。

3 担任による家庭訪問や学校からの電話などにより、臨時休校・春休み中における児童・生徒の見守り及び心のケアを行っていくこと。

等の対応を行うこととしたところです。

 

また、多くの市内企業も大きな影響を受ける中で、昨日及び一昨日に、国の中小企業支援策として、セーフティネット保証制度による支援内容が拡充され、5号適用の「業況が悪化している業種に属することにより影響を受ける事業所」の対象業種が宿泊業や飲食業を含め、大幅に拡大されるとともに、新型コロナウイルスを自然災害同様と見なして、4号適用の「突発的災害により影響を受ける事業所」として一定以上の影響を受けた全事業所が対象となったところです。今後、周知はもちろんのこと、市内企業の状況をきめ細かく把握しながら、支援に努めてまいります。

 

また、ご存知のとおり、市主催の大規模なイベント、集会等については、中止、延期等を行っており、市民の皆様にも同様の対応を呼びかけておりますが、市民の皆様、議会の皆様と力を合わせて、感染拡大防止対策及び個人で取り組む予防対策を含めて、この危機的状況をしっかり乗り越えていくことが不可欠と考えております。

 

今後とも、新型コロナウイルス感染拡大の状況をしっかり見る中で、適宜適切に情報発信、また、万全の対応を行ってまいります。今後ともご指導ご鞭撻いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 

それでは、提案理由について、ご説明申し上げます。

提出をさせていだたきました案件は、予算案件1件でございます。

 

議第29号、令和元年度一般会計補正予算(第8号)は、歳入歳出それぞれに2億2千440万円を追加し、補正後の予算総額を312億3千174万1千円とするものです。

先進的な農業経営に向けた設備整備等を支援する担い手確保・経営強化支援事業の国補正予算を要望しておりました認定農業者に対し、予算配分がありましたことから増額補正をお願いするものです。

併せまして、国が推進するGIGAスクール構想の実現に向け、一体的な整備が必要となる高速大容量の校内LAN整備につきまして、国補助金を活用する中、全ての教室への整備を図るため、増額補正をお願いするものでございます。なお、パソコン端末の整備については、現時点においては、小学校5年生以上を基本とし、端末の導入を検討しており、ICTに頼る教育ではなく、ICTを活用し、より良い学びに繋げる教育を展開してまいりたいと考えております。

また、新型コロナウイルス感染拡大の影響によりまして、資材調達や業務完了が困難となる事業等につきまして、繰越明許の追加をお願いするものです。

 

以上、本日提出させていただきました案件についての提案理由とさせていただきます。

何卒、十分なご審議をいただきまして、しかるべきご賛同を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

ありがとうございました。

お問い合わせ

守山市総合政策部秘書広報室

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1113(秘書係)/077-582-1164(広報・広聴係) ファクス:077-583-5066

hisho@city.moriyama.lg.jp