文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ホーム > 防災・まちづくり > 防災 > 災害情報 > 市内での新型コロナウイルス感染症の感染者(277例目)の発生について

  • ライフシーンから探す
  • 組織から探す

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の市内での感染者(277例目)の発生について

更新日:令和3年6月22日

6月22日に市内在住の60歳代女性(市内276例目、県内5514例目)が検査の結果、新型コロナウイルス陽性との結果が判明し、滋賀県から公表されました。これにより、守山市内では277人目の陽性者となりました。

 

皆様へのお願い

現在、大阪府や京都府での緊急事態宣言は解除されたものの、解除後も「まん延防止等重点措置」が実施されています。
滋賀県におきましても、引き続き「警戒ステージ」とし感染拡大の防止を図ることとされています。
市民の皆様には、自らの命と健康、また、大切な方の命と健康を守るため、引き続き、緊急事態宣言対象地域・まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の外出訪問を控えていただき、「三密」を避けた行動や、マスク着用、手洗い、うがい、こまめな検温、体調が悪い時はすぐに医師に診てもらう等の基本的な感染予防対策を徹底してください。

また、新型コロナウイルス感染症と闘っておられる患者の方、感染リスクを抱えながら市民の命と健康を守る医療関係者、社会経済活動を維持する上で不可欠な仕事に従事されている方がおられます。これらの方々やその家族などに対する差別、偏見、誹謗中傷は決して許されません。これらの方々をみんなで応援しましょう。

 

滋賀県の発表内容は下記からご確認ください。

新型コロナウイルスに感染した患者の発生について(県内5514例目)(外部サイトへリンク)

現在の感染拡大防止対策について(警戒ステージの対応)(外部サイトへリンク)