文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 新型コロナワクチン接種 > 新型コロナワクチン接種に係る予約キャンセル等によりワクチンに余りが生じた場合の取扱いについて

  • ライフシーンから探す
  • 組織から探す

ここから本文です。

新型コロナワクチン接種に係る予約キャンセル等によりワクチンに余りが生じた場合の取扱いについて

公開日:令和3年6月9日

守山市では、予約キャンセル等によりワクチンに余りが生じた際は、ワクチン廃棄を防ぐ観点から、これまで集団接種会場では従事する医療従事者に接種を行ってまいりましたが、今後の取扱いについては、以下のとおりとすることとしましたので、お知らせします。

1.集団接種時にワクチンに余りが生じた場合、次の順位で接種します。

(1)集団接種会場で従事する医療従事者

(2)事前に把握している、接種を希望する市内の介護サービス事業者(入所施設以外)の従事者

(3)集団接種会場で従事する市職員

 

2.個別接種時にワクチンに余りが生じた場合、守山市民の中で、次の順位で接種します。

(1)医療機関が把握している65歳以上の人

(2)医療機関が把握している基礎疾患のある人

お問い合わせ

守山市健康福祉部感染症対策室

電話番号:077-598-5711 ファクス:077-581-1628

kansenshotaisaku01@city.moriyama.lg.jp