○ROOT for PEOPLE事業補助金交付要綱

令和3年4月1日

守山市告示第232号

(趣旨)

第1条 市長は、新型コロナウイルス感染症により疲弊したまちに活力を与え、市内の地域振興および地域産業活性化を図るため、みんなでコロナを乗り越え、明るい未来へと繋げることを目標に掲げる守山市観光物産協会(以下「協会」という。)が実施するROOT for PEOPLE事業に対し、予算の範囲内においてROOT for PEOPLE事業補助金(以下「補助金」という。)を交付するものとし、その交付に関しては守山市補助金等交付規則(昭和53年規則第1号。以下「規則」という。)に規定するもののほか、この要綱に定めるところによる。

(交付対象経費等)

第2条 交付対象経費等は、別表のとおりとする。

(交付申請)

第3条 協会は、規則第3条に基づき補助金の交付を受けようとするときは、ROOT for PEOPLE事業補助金交付申請書(別記様式第1号)に次に掲げる書類を添付し、令和3年5月31日までに市長に提出しなければならない。

(1) 事業計画書(事業目標を明記したもの)

(2) 収支予算書

(3) その他市長が必要と認めるもの

(交付の決定)

第4条 市長は、協会から補助金の交付の申請があったときは、当該申請に係る書類等の審査および必要に応じて現地調査等を行い、補助金を交付すべきものと認めるときは、補助金の交付決定をし、ROOT for PEOPLE事業補助金交付決定通知書(別記様式第2号)により、当該申請者に通知するものとする。

(交付請求)

第5条 前条の規定により通知を受けた協会は、交付請求書(別記様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(概算払)

第6条 補助金は、規則第13条第2項の規定に基づき、概算払により交付する。

(実績報告)

第7条 協会は、補助事業が完了した日から起算して30日を超えない日または補助金の交付決定の属する年度の3月31日のいずれか早い日までに、ROOT for PEOPLE事業補助金実績報告書(別記様式第4号)に次に掲げる書類を添付し、市長に提出しなければならない。

(1) 事業報告書(事業成果、効果等を明記したもの)

(2) 収支決算書

(3) その他市長が必要と認めるもの

(補助金の額の確定)

第8条 市長は、前条の規定による報告を受けたときは、その内容を審査の上、交付すべき補助金の額を確定し、ROOT for PEOPLE事業補助金確定通知書(別紙様式第5号)により交付決定者に通知するものとする。

(補助金の精算)

第9条 第6条の規定により、補助金の交付を受けた者は、前条による補助金確定通知に基づき、精算による差額金が生じた場合は、交付請求を行うこととし、精算により返還金が生じた場合は、すみやかに市長に返還しなければならない。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

付 則

この告示は、令和3年4月1日から施行し、令和4年3月31日限り、その効力を失う。

別表(第2条関係)

交付対象経費

ROOT for PEOPLE事業に要する経費とする。ただし、次に掲げる経費は除く。

(1) 協会の構成員への事業の取組対価として支払われる賃金および謝礼等

(2) 事業を企画実施する団体構成員の親睦を目的とする飲食費

(3) 資産造成を目的とする積立金および繰越金等

(4) その他市長が不適当と認める経費

補助率

交付対象経費の10分の10以内とする。ただし、1,000円未満の端数が生じた際は、これを切り捨てた金額とする。

画像

画像

画像

画像

画像

ROOT for PEOPLE事業補助金交付要綱

令和3年4月1日 告示第232号

(令和3年4月1日施行)